猫が慰めに来てくれた

「駐車場に座り妹を待つ」 中学生のころ、妹の外で遊んでいました。

妹が夕飯を食べに家に帰ったので、わたしは外で待っていたんです。今になって思えば、わたしも一緒に帰れば良かったですよね。

なんで外で待っていたのでしょうか。勝手に自分のぶんの食事は無いと思い込んでいたんです。

虐待されていたわけじゃありませんよ。母は人数分の食事をちゃんと用意してくれていました。夕方で静かな時間でした。

近所から晩ごはんの香りがしてくるんですよ。お腹がすいたな。駐車場にある車止めに座って、妹が戻ってくるのを待ちました。

「近所でも有名な野良猫」 すると1匹の猫が現れたんです。妹から話は聞いていました。このあたりにノラネコが現れて、子ども達のあいだでは噂になっている、と。

まさか、本当に会えるとは思っていませんでした。しばらく猫と見つめ合います。こちらを伺うように、ソロリソロリと近づいてきました。ずいぶん人懐っこいな。

そのまま膝の上へ。なにかを訴えかけるように、わたしを見つめます。これは撫でろということなのでしょうか。おそるおそる撫でてみました。

のどをゴロゴロ鳴らしてくれたので、どうやら正解だったようです。猫の反応を見ながら、撫で続けていました。

「飼ってやれない悔しさ」 ノラネコにしては毛並みが美しく、もしかして飼い猫が逃げたのでは。ですが、中学生のわたしにはどうする事もできません。家はアパートですから、面倒を見ることも不可能です。

そもそもペットを飼う余裕もありません。ごめんね、飼えないよ。 言葉が通じるかはわかりません。でも、気づいたら謝っていました。

わたしが大人だったら飼えたのかも知れない。悔しくて仕方ありませんでした。やがて妹が戻ってきました。

それと同時に猫は消えてしまいました。まるで寂しいわたしの話相手になってくれていたように。

それから、その猫には会っていません。美しい猫だったから飼い主が見つかったのでしょうか。猫が幸せならソレが一番ですが、もっと撫でていたかったというのも本音です。ぬいぐるみとは違うズッシリした感触も、抱きしめたときの体温も、ちゃんと生きているんだと感じさせてくれました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です