連休中の目標

私はせっかくの連休を有意義に過ごすために、目標を立てて、それを実践するようにしました。

いくつか目標があるのですが、その中の一つが体力作りです。体力作りは以前からやっていたのですが、特に連休中は力を入れたい項目です。

体力が無いと、ハードな生活になった時に、それを乗り越えることができなくなってしまいます。

そのため、体調を崩してしまい、さらに悪循環に陥ってしまいます。同じような状況でも、どのように乗り越えていくかは個人差があります、

その違いは心身のタフ度にあるように思います。予測不能なことが起こった時に、速やかに対応できる心身でありたいと思っています。

そのためには少しのことで、いちいち動揺したり、周りの影響を受けて、自分自身を見失ってしまわないようにしたいものです。

どんな状況でも自分自身を保ち、冷静に対処していける心身の強さが欲しいです。そのために私がまずやるべきことは体力作りだと思いました。

もちろん、疲労やストレス解消を意識的に行っていくことも大切です。同じ状況になっても、自分がそれほどダメージを受けないようになれば、その後の行動も大きく変わっていきます。

何かの影響で上手く行かなくなった時、それを周りのせいにするのは簡単です。

しかし、それでは何の解決にもなりませんし、状況がさらに悪化してしまう可能性があります。そうならないためにも、やはりまずは自分自身の心身の体力を付け、物事に動じず、冷静に対処していけるようになっていきたいと思っています。

連休中の体力作りだけで、それができるようになるとは思っていません。

しかし、連休中は普段よりも忙しくなるので、自分の心身を鍛えるためには良い機会だと思っています。心身ともにタフになっていくことで、より自分らしい生き方ができるようになると思います。

働き方はさまざま

大型連休だからと言って、必ずしもすべての人の仕事が休みになるわけではありません。

サービス業は休日の方が忙しく、書き入れ時です。また、年中無休の職場では休日に関係なく、交代制で仕事をしなければなりません。他にも平日は本業で、休日になると副業で仕事をしている人もいるでしょう。

私は現在、フリーランスで働いているので、カレンダー通りに仕事をしようと思えばできますが、実際はそう上手くはいきません。

仕事以外にもやることがあるので、結局は休日に関係なく、仕事をしています。働き方を考えると、好きでもない仕事をやって、その代わりに休日はしっかり休むのが良いのか、または好きな仕事をやって、休みがほとんどない状態が良いのか、結局、どちらが良いのかは分かりません。

しかし、長い目で見ると、結局は仕事も好きでないと、続かないことになるので、最終的には後者を選ぶようになると思います。

一番良いのは好きな仕事をしながらも、休みもしっかり取れる状態なのでしょう。

働き方にはそれぞれ、メリットとデメリットがあります。なので、どの働き方が一番良いかは一概には言えません。場合によっては、本業だけでは収入が少ない場合は副業でも収入を得る必要があります。

働くことが好きで、長時間労働もいとわないという人も中にはいるかもしれません。

働き方改革が話題になっている現代ですが、結局、私は今でもどのような働き方が一番良いのかが良く分かりません。

もちろん、働きすぎて心身を壊してしまうようでは困りますが、何らかの対処法があれば、今の仕事を辞めずに、無理なく同じ仕事を続けていくことができると思います。

他にも収入を得る得ないに限らず、家事労働は年中無休ですし、連休中は帰省客があるなどで、さらに忙しくなる場合もあります。

いろいろな労働のことを踏まえながら、改めて働くということについて考えてみたいと思っています。

マスコミも指摘していない消費税の話

マスコミも指摘してない消費税の話し 皆さん思い起こしてください。

野田政権が退陣する時に、議員定数の削減を約束していますね。消費税を国民にお願いする限りは議員も、身を切る覚悟が必要であると。

ところが0増5減は選良つまり衆議院議員の話しで、後に参議院を参院定数を6増やし比例区も4人増やしておりつまり、差し引き5人増えているのです。

同じならまだしも増やしておきながら、消費税を上げているという事なのです。よくこれを野党も反対しているからとか、国会内での事情を説明していますが契約とは、それが出来るか出来ないか、出来ているか出来ないかです。

借金をして色々事情があっても借金をどのように返すのかは貸し手側には関係なく、借りて側の事情は貸し手に本来関係がない。

つまりこの税金を支弁しているのは国民で、その約束が出来てなければ政権を返上しなきゃならないし消費税も上げてはならない。それが一般社会の常識であり当たり前の事なのです。

ところがマスコミも国会でもそうした事実背景を全然説明していませんし、追求もしていません。

議論となっているのは、消費税を上げるべきか上げないべきかという議論で、なんで解散に至ったのか?という7年前の出来事を皆忘れてしまっているというのが今です。

この事を自民党を支持している人に話すと、中傷行為を突然してきて相手に恫喝じみた事をしてくる人もいます。事実を指摘したらそれを卑怯な手口で黙らせようとするのは、はっきりいって反社会勢力のやっている素行と一緒だと思います。

議論ではもはやなく事実を捻じ曲げて、自分の利益を強制的に他の者に押し付けるやり方は、全体主義の始まりなのではないか?と危惧しているところです。

片思いの恋バナ

僕が大学に入りたての頃、まだ一度も女の子と付き合ったことがなかった頃のほろ苦い片思いの恋バナです。

好きな女の子Aさんができて、ウブな大学生男子なりに頑張ってアプローチしていたのに、目的の女の子じゃなくてその子の親友Bさんとくっつけられそうになってしまったという、残念な体験談です。

僕が大学1年生の時に、初年度ゼミというのがあり、大学のクラスのような感じで男女混合でした。 そのゼミのコンパがあり、コンパの最中はあまり絡みがなかったのですが、帰りの電車が一緒になって途中からAさんと二人で帰ることになりました。

Aさんもその時は、まだ彼氏と付き合ったことはないウブな女の子ですが、その日のコンパの感想や共通の友達、Aさんの親友のBさんの話題などでそこそこ意気投合しました。

そしてAさんが終電の時間を勘違いしていたこともあり、途中の乗換駅でAさんが帰れなくなってしまいました。

僕は勇気を出して、「じゃあ24時間のファミレスにでも入って、朝まで一緒にダラダラしようよ。」と誘いました。 二駅隣の駅に移動して、僕は初めて女の子と二人っきりでファミレスで翌朝まで過ごしました。

途中お互い座ったままうとうとしながらも、Bさんを含むゼミの友達の噂話や、共通で履修している授業の話、映画の話題などを話しました。 本当にその時はそれっきりで、翌朝お互い家に帰りました。

それ以降は大学で顔を合わせると話をしたり、一緒に履修している授業でノートを見せ合ったりするようになりました。

そして僕の友達に、「二人っきりでお泊りしたなんて、お前やるじゃん。」と冷やかされて、実際僕も長時間二人きりで過ごしてAさんに対して親近感を抱くようになっていたので、いつしかそこから当然のように恋愛感情が生まれました。

Aさんと会話を合わせるために、そこまでマニアというわけでもなかった映画をたくさん見て、無理やり話を合わせるようにしたり、何かと口実をつけて大学の帰りに食事をしたりしました。

今になって思えば、その時点でAさんは親友の話をやったら僕にしてきたことを思い出します。 Aさんは僕に恋愛感情は無く、あくまで友達で、逆にAさんから僕の話を聞いた親友Bさんが僕に興味を持ち、AさんはBさんに僕を譲り、僕との距離を近づけようとしていたのだと思います。

不器用なりに距離が縮まってきたところで、僕はAさんを休みの日に映画に誘いました。 てっきり二人っきりで映画を見られると思って、映画の後どこの店に行くかなども色々下調べをして、ワクワクしながらその日を迎えました。

すると当日になって、Aさんから連絡があり、「親友のBも連れて行っていい?」と聞かれました。

もちろんそう言われると断るわけにはいきません。 結局映画はその親友のBさんを間に挟んで3人で見て、その後ファミレスで食事を食べて帰るというだけのものになりました。

しかも僕の好きなAさんは親友のBさんを引き立てるような感じで、無理やり僕とくっつけるように差し向けているのが分かりました。

それ以降僕がAさんをいくら誘っても、必ずBさんを連れてくるようになりました。 僕はその親友のBさん自体はあまりタイプではなかったので、結局そのどちらともそれ以上何かが進展するわけでもなく、そのまま学年が変わって疎遠になってしまいました。

そんなわけで、僕の大学1年生の時の恋はあえなく空振りに終わってしまいました。

ゲーム実況をはじめる日

私にとって2018年はこれからの人生を決める年でした。

2017年の後半は仮想通貨にはまっていたのですが、それが2018年1月に暴落し、さらに仮想通貨取引所のコインチェックに預けていた仮想通貨ネムが盗難されてしまい絶望します。

これはもうダメだと思い次にしたのがゲーミングパソコンを購入しYouTuberをすることでした。

パソコンゲームの実況動画を毎日更新したのですが動画を凝ってテキストや効果を入れるともう大変で成果も出なかったので止めることにします。今思うともったいないことをしたなと思いいずれまた再開したい気持ちもあるのでした。

そして次にやったのは2017年にやめたゲーム作りのノウハウを載せたブログです。これも成果が出ないからやめたのですが、ふと気付くとグーグルアドセンスの報酬が入っていたのでまた再開することにします。

それからコツコツと記事を書いてグーグルアドセンスの報酬を稼ぎ、そうしながら自分でもゲームを作って発表してみたらブログにアクセスが集まるようになって嬉しかったです。

そして今年の2019年ですが3DCGを始めました。それで作ったものでよりゲームを華やかに、そして面白くするためです。

女の子キャラクターを作るノウハウ本を頼りに制作し、2ヶ月余りをかけてその本を終えました。

しかし上手く本の通りにできなかったのでまた最初から作り直すことにし、それに1ヶ月余りかかりました。計3ヶ月半かけてようやく終わり、それから今は簡単なオリジナルキャラクターを作っています。

これからより複雑なキャラクターとアニメーションを作り、今年中に収益につなげることが目標です。

今年は3DCGの年と定めそれに集中してより収益を増やすことにし、来年の東京オリンピックをのんびりと楽しめるようにしようと決めているのでした。ゲーム関係の機材を探すときには「ゲーム実況の機材」に関するブログを参照しています。